「防災の専門家がおすすめ」災害に備えるためにこれだけは揃えたい防災グッズ・防災用品を紹介

災害発生時に困ることの1つにライフラインがあります。水道、電気、通信などが止まると生活に大きな支障が出て場合によっては命に関わります。予測できない災害に備えるためにも事前に用意しておきたいのが防災グッズ・防災用品です。災害が発生してインフラが止まると防災グッズ・防災用品は手に入りません。

防災の専門家が選ぶおすすめの防災グッズ・防災用品を紹介します。

命に関わる水分・食料

災害時に必ず必要になるのが水です。1人1日3ℓを目安に1週間分備えましょう。水はローリングストックやウォーターサーバーがおすすめです。

次に必要となるのが非常食です。ポイントは「長持ち」、「手間がかからない」、「調理が簡単」の3つになります。私はアルファ米やパスタなどを備えています。

次におすすめするのがお菓子です。お菓子?と思うかもしれませんが、お菓子はカロリーが高く、子どもから大人まで食べやすく長期保存にも適しています。

電力対策

私たちの生活は電気に依存しています。災害が発生して電気が使えなくなると情報収集に欠かせないスマホやパソコンなども使えなくなります。可能であれば自家発電機、最低でもポータルブル電源やモバイルバッテリーなどを用意しておきましょう。

ちなみに私はホンダのエネポを購入しました。カセットガスで動くので、カセットコンロと合わせて備えることができます。ポータルブル電源はsuaokiを使っています。どちらもキャンプ用品としても使えるので、備えながら防災できます。

衛生用品

災害で困ったという声の中でも特に多いのがトイレです。災害が発生して水が使えなくなると水洗トイレが使用できません。そのため、簡易トイレや使い捨てトイレなどを備えておくと助かります。